マイホームを検討する場合

家

不動産を購入する場合、購入するときにかかる不動産取得税、所有し続けることに対してかかる固定資産税、この二つの税金がかかることを覚えておいてください。そのため、購入前に、不動産取得税、固定資産税がいくらかかるか試算しておく必要があります。

家を買った際にかかる税

男性

不動産を購入すると印紙税や登録免許税、不動産取得税といった様々な税金が発生します。しかし、これらの税金の中には条件次第で優遇措置が受けられるものもありますので、その措置を上手く利用するためにも事前にしっかりと調べて忘れずに申請などを済ませておくことが大切です。

さまざまな費用を知る

レディ

不動産を購入するさいにはその代金だけでなく諸経費や税金といったものにも留意する必要があります。一般的な住宅においては、それほど大きくはなりませんが、それでも本体価格の1割から2割程度は費用や税金の支払いのためのお金が必要になります。

買う時と買った後に

女性

それぞれの支払い先に確認

不動産を購入する際には、消費税と印紙税と登録免許税という3種類の税金の支払いが必要となります。消費税は、日常の買い物でかかる消費税と同じように、建物を商品として購入することに対してかかる税金です。そして印紙税は、売買契約書などの取引文書にかかる税金で、登録免許税は、不動産の所有者変更における登記手続きにかかる税金です。税金は基本的には国に納めるものですが、これらの税金に関しては、直接国に支払うのではなく、間接的に納めることになります。正確には、消費税は建物を販売した建築会社などに、印紙税は売買の仲介をする不動産会社に、登録免許税は登記手続きを代行する司法書士に支払うのです。税額は購入する不動産によって異なってきますが、1500万円の建物を購入する場合だと、消費税は約100万円かかります。そして印紙税は1万5千円、登録免許税は3万円ほどかかることになります。正確な税額は、それぞれの支払い先に確認すれば、教えてもらえます。また税金には、不動産を購入した後に請求されるものもあります。不動産取得税と呼ばれている税金ですが、これは税務署から届けられる納税書を使って、国に対して直接納めます。不動産取得税は、不動産の購入価格ではなく、それよりやや低めとなる評価額から決められる上、1200万円分が控除されます。したがって評価額が1200万円以下の不動産を購入した場合には、課税されません。これも、仲介を依頼した不動産会社に相談すれば、評価額を想定した上で概算してもらえます。

Copyright © 2017 不動産を購入する際は莫大な税金がかかることを知っておくべき All Rights Reserved.