家を買った際にかかる税

男性

不動産を購入すると様々な税金が発生します。まず不動産購入時には印紙税という税金が発生します。これは不動産を購入すると不動産売買契約を交わしますが、印紙税はその契約書上に貼り付けることで納税します。また、購入時に住宅ローンを組む場合も多いですが、銀行と交わす金銭消費貸借契約書上にも印紙を貼って印紙税を納めなければなりません。不動産を購入するとその所有権移転登記をしますが、その登記に際して発生するのが登録免許税です。また、同様にローンを組んでその不動産を抵当権設定しますので、その登記の際にも同様にかかってきます。さらに不動産を購入したことに対して発生する税金が不動産取得税です。これは購入してしばらくすると住所地の都道府県から納税通知がきます。この税額ですが、固定資産台帳に登録のある不動産価格を課税標準として、その課税標準に税率を適用した金額が課税されます。元の税率は土地や建物に対して4%となっていますが、住宅の場合は税率の軽減措置が受けられます。この税率は概ね3%となっており、条件によっては0%の場合もあります。この取得税の軽減措置を受けるための条件はいくつかあります。この条件として床面積が50平方メートル以上240平方メートル以下であることや都道府県の定めた期間内に担当窓口まで申告していることが挙げられます。さらに税金の優遇措置には他にもいくつかあります。例えば住宅ローンを組んで購入する場合には条件によって住宅ローン控除の適用が受けられます。これは時限付きの制度ですが、入居してから10年間に渡って所得税の還付や控除が受けられる制度です。他にも様々な優遇措置がありますので、税務署の窓口や仲介してくれた不動産会社などに確認してみるといいでしょう。

Copyright © 2017 不動産を購入する際は莫大な税金がかかることを知っておくべき All Rights Reserved.