マイホームを検討する場合

家

予め試算することが必要

不動産購入する場合、税金を支払うことになりますので、税金を支払うタイミング等を紹介します。不動産を購入検討されれている方は、不動産に対してどのような税金を支払うのか知っておく必要があります。まず、不動産を購入する場合にかかる不動産取得税です。これは、不動産を所有する人を対象にかかる税金ですので、購入して登記完了後に購入代金と一緒に支払うことが一般的です。次に、不動産を所有し続けることに対してかかる固定資産税です。例えば、木造住宅の一軒家を所有している場合、当該建物に対して一定の税率をかけて固定資産税を毎年一回支払うことになります。木造住宅の一軒家の場合、建物を耐用年数は約30年から40年ほどで、30年かけて減価償却していく流れになります。減価償却する際に建物の価格は減価償却の金額分を減らされていきますので、建物の価値が年々下落していきます。固定資産税の算定根拠として、3年に一回建物部分の課税対象額が変更になります。建物は減価償却で価格が下落していくますので、必然的に課税対象額も下がります。納税額は、3年サイクルで下がることになりますが、不動産を所有し続けることで固定資産税もセットでついてくることを頭に入れておく必要があります。購入した場合にかかる不動産取得税、所有する場合にかかる固定資産税、この二つの税金は納税しなければなりませんので、購入前にいくら税金を払う必要があるのか試算しておくことも重要です。

Copyright © 2017 不動産を購入する際は莫大な税金がかかることを知っておくべき All Rights Reserved.